平 和

【2013年】
【2012年】
【2010年】
【2008年】
2013年
土地収奪 農民運動 平和

人間の住んでいる島
1997年/日本/32分
監督:橘祐典
企画・著作:映像と文化協会
制作:「人間の住んでいる島」製作委員会
阿波根昌鴻さん

ある朝、
米海兵隊が銃剣を構え、ブルドーザーの唸り声と共に上陸、芋も砂糖きびも引き倒して有刺鉄線を張り巡らした。1955年3月、沖縄・伊江島の農民の闘いはこうして始まった。土地を守る闘いの最前線にあり続けた阿波根昌鴻さんが語る土地と人の物語

2012年
環境 農薬 平和 暮らし

花はどこへいった
2007年/日本/71分
日本語・英語・日本語字幕
監督:坂田雅子
制作:ビル・メガロス/山上徹二郎
配給:シグロ
花はどこへいった

ベトナム戦争
で米軍が散布した枯葉剤は約7200万リットル。その中に含まれていた催奇性や発がん性を持つ猛毒・ダイオキシンは、戦争終結から37年たった今も、ベトナムの人びとと大地を蝕み続けている。坂田雅子監督は、ベトナムに従軍した夫が肝臓がんで亡くなったことと枯葉剤の関係を疑い、その実態を記録した。そこには、戦争終結後に生まれた子どもたちにも重篤な障害をもたらしている悲しい現実があった。


【連絡先】
株式会社シグロ
 〒164-0001 東京都中野区中野5-24-16
       中野第2コーポ210号
 TEL:03-5343-3101  FAX:03-5343-3102
 E-mail:siglo@cine.co.jp
 URL:http://cine.co.jp/
2010年
環境 平和

アフガンに命の水を
  〜ペシャワール会26年目の闘い〜
2009年/日本/56分 日本語
企画:ペシャワール会
制作:日本電波ニュース社
アフガンに命の水を

ペシャワール会
は、中村哲医師を現地代表として、1984年にパキスタンのペシャワールで医療団体としてスタートした。水と食糧さえあれば大半の病気は治ると考え、2000年からは、アフガニスタンで始まった大干ばつへの対策として、1500本以上の井戸を掘り、全長24キロの農業用水路の建設も行なってきた。60万もの人の雇用対策となり、難民になるか軍閥や米軍の傭兵になるしかなかった村に、平和をもたらしている。3000haの田畑が甦り、10万を超える農民の暮らしが戻ってきた。


【連絡先】
ペシャワール会
 Mail:peshawar@kkh.biglobe.ne.jp
 URL:http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/
2008年上映作品 初公開 貸出 頒布
フェアトレード 平和 反グローバル 農民運動

オリーブの木がある限り
2007年/フランス/ 24分
アラビア語・フランス語吹替・日本語字幕
映像・監督:イヴ・デュシュマン
制作:Solarium A.S.B.L
オリーブの木がある限り

イスラエル
の占領下、壁と経済封鎖に生活は苦しさを増している。そんな中でも、パレスチナの農民はオリーブの木に「ここに生きている」という自らの存在を託し、一家総出の収穫作業に汗を流す。農民の営為を追いながら、その農民と協働するNGO「パレスチナ農業復興委員会(PARC)」の活動を紹介する。有機オリーブの搾油工場を作り、国境を越えフランス、日本の市民とフェアトレードでつながる。このオリーブオイルは、日本にも届けられている。


【連絡先】
国際有機農業映画祭
 Mail:info@yuki-eiga.com
 URL:http://yuki-eiga.com/