微生物

【2011年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】
2011年 初公開 貸出
有機農業 自然農法 微生物

2008年/韓国/45分 韓国語・日本語字幕
ディレクター:イ・ウィホ
制作:EBS(韓国教育テレビ)

は人間はじめ、あらゆる生命体との関わりが深い。泥染めの服、土壁の家、薬……。蜂やツバメの巣も泥。バクテリヤの家さえも。土の中で命が生まれ、育ち、朽ちていく。土中の壮大なドラマをカメラが追い、ミクロの世界を視覚化してくれる。もちろん、菌が作る豊かな土壌についても展開する。


【連絡先】
国際有機農業映画祭
 Mail:info@yuki-eiga.com
 URL:http://yuki-eiga.com/
2011年 初公開 貸出
有機農業 地域 環境 微生物

ダート! どろ に こころ の物語
2009年/米国/80分  英語・日本語字幕
監督:ビル・ベネンソン、ジーン・ロソウ
制作:コモン・グラウンド・メディア

干ばつ、
気象変動、戦争さえ、人間がどのように土を扱ってきたかの結果であると原作者ウィリアム・B・ローガンは言う。『Dirt!』この驚くべき土の生命世界は、政治、経済、農業、環境、生態、健康、教育、芸術、すべてが網の目状に"土"と関わり合っていることを教える。それを理解することによって、私たちは私たちの壊してきたものを治すことができる。


【連絡先】
国際有機農業映画祭
 Mail:info@yuki-eiga.com
 URL:http://yuki-eiga.com/
2009年上映作品
自然農法 微生物

生きている土
1982年/日本/41分
企画:自然農法国際総合開発センター
MOAプロダクション
制作:桜映画社
生きている土

「食」と「農」の問題は私たちの健康の中心となる問題である。この映画は、健全な作物を作り出す「生きている土」とは何かを科学的に捉え、その土づくりに取り組む須賀一男さんの自然農法の実践を描いている。工業化志向の今日の価値体系に対し、自然の力を見なおしたものとしての貴重な報告であり、成功の記録である。同時に、画面から現代日本の農業について多くの問題点と教訓の数々を汲み取ることができる。


【連絡先】
株式会社桜映画社
 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-1
       千駄ヶ谷ビル4階
 TEL:03-3478-6110(代)
 FAX:03-3478-5966
 URL:http://www.sakuraeiga.com/
2008年上映作品 初公開 貸出
微生物

健康な土 ― 過剰施肥のもたらすもの ―
2001年/韓国/46分
韓国語・日本語字幕
制作:KBS
演出:バク・ジョンヨン
健康な土

が病んでいる。農業の近代化は化学肥料の過剰使用をもたらし、その被害はいろいろなところに現れている。土の栄養過多に耐えられず枯れるバラや倒れる稲、病気が蔓延したトウガラシや腐る根。塩類の集積で固まる土壌。機能を果たせない微生物。この現状を乗り越えるため、また土の本来の機能を回復するため、農民たちによる取組みがいろんなところに見ることができる。「健康な土」づくりに取り組む韓国の農民を追う。


【連絡先】
国際有機農業映画祭
 Mail:info@yuki-eiga.com
 URL:http://yuki-eiga.com/
2008年上映作品
微生物

土の世界から
1992年/日本/32分
企画:自然農法国際研究開発センター
制作:MOAプロダクション、桜映画社
監修:善本知孝(東京大学名誉教授)
指導:木嶋利男(栃木県農業試験場)
   藤原俊六郎(神奈川県園芸試験場)
   有江力(理化学研究所)
土の世界から

地球上での有機物の生産者たちである植物を養い、生命の源というべき食べ物の生産の基礎となっている土。土の持つ豊かさを、森の土の成り立ちから見ていく。大地に落ちた落葉は、土の中の小動物や微生物によって分解され土に帰る。有機物に富んだ土は、柔らかく隙間のある構造になっている。土の中の世界を電子顕微鏡や微速度撮影を駆使したミクロ映像によって明らかにしていく。


【連絡先】
株式会社桜映画社
 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-1
       千駄ヶ谷ビル4階
 TEL:03-3478-6110(代)
 FAX:03-3478-5966
 URL:http://www.sakuraeiga.com/
2007年
微生物

根ノ国
1981年/日本/25分
監督:荒井一作
制作:株式会社東京写真工房
企画:マルタ柑橘生産組合

「世界初土壌微生物の映像化」 ほんの小指の先ほどの土の中にうごめく無数の生命。堆肥となる過程で関わる植物、小動物、微生物の見事な生命連鎖。「何を殺そうというのか、人間は?」とそれを破壊する空散ヘリの農薬を問う。


【連絡先】
株式会社 周
 TEL/FAX:03-3426-8334