反グローバル

【2013年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】
2013年 初公開
土地収奪 農民運動 反グローバル

マリーナの闘い
2012年/マレーシア/12分 日本語字幕
監督:キング・A・カトイ
制作:PAN AP
マリーナの闘い

大資本
による土地収奪が世界各地で行われている。フィリピンのミンダナオで自給農業を営むマリーナさんは、周囲の農地が次々とドールに買収される中、生活の根拠である土地を手放してはいけないと、農民に呼びかける。


【連絡先】
国際有機農業映画祭
 Mail:info@yuki-eiga.com
 URL:http://yuki-eiga.com/
2013年 初公開 貸出
有機農業 反グローバル 暮らし

食の選択
2009年/アメリカ/72分 英語/日本語字幕
監督:アナ=ソフィア・ジョアンズ
制作:リップル・エフェクト・フィルムズ
食の選択

安い、
便利といった基準で食を選ぶ人が多い今、食は、効率よく生産できるものに変わった。しかし、日々の食は個人の暮らしや健康だけではなく、環境や社会を大きく変えるもの。大量生産と有機的な生産を比較し、未来を守るための食の選択を提案した作品。


【連絡先】
国際有機農業映画祭
 Mail:info@yuki-eiga.com
 URL:http://yuki-eiga.com/
2013年 初公開
遺伝子組み換え 種子 反グローバル

GMO OMG 遺伝子組み換え? なんだそれ?
2013年/アメリカ/84分 英語/日本語字幕
監督:ジャーミー・セイファー
制作:コムペラー・ピクチャーズ
GMO OMG

子ども
のために食について考えるようになった父親。出てきたキーワードは「遺伝子組み換え」。耳にしても、表示は見かけないし、人に聞いてもわからないことだらけ。子どもと遺伝子組み換えの謎を解く旅に出る。そこで出あったオーマイガット!(OMG)な現実。


【連絡先】
国際有機農業映画祭
 Mail:info@yuki-eiga.com
 URL:http://yuki-eiga.com/
2010年 初公開
反グローバル 種子 農薬 バイオテクノロジー

「緑の革命」光と影
原題:Seeds Of Plenty, Seeds Of Sorrow
1992年/インド/52分 英語・日本語字幕
製作・監督:マンジラ・ダッタ
制作:Media Workshop/TVE/BBC
Seeds Of Plenty

20世紀
で最も成功した発展戦略のうちの1つとされた「緑の革命」は、インドなどの発展途上国が、確実に飢饉から脱却したと信じられている。しかし25年後、この成果を誰が受け取ったか、と問いかけ、「緑の革命」の暗く複雑な側面を明らかにする。インドにおける「緑の革命」は、新しい農奴層を作り出すのに一役買い、初期の劇的な生産高は農薬中毒とともに減少し、奇跡的な小麦の品種は短命で終わった。


【連絡先】
国際有機農業映画祭
 Mail:info@yuki-eiga.com
 URL:http://yuki-eiga.com/
2010年
種子 遺伝子組み換え バイオテクノロジー 反グローバル

パーシー・シュマイザー、
    モンサントとたたかう
原題:Percy Schmeiser-David gegen Monsanto
2009年/ドイツ/65分 英語・日本語字幕
監督:ベルトラム・フェアハーク
製作:デンクマル・フィルム
配給:小林大木企画
パーシー・シュマイザー

カナダ
の農民パーシー・シュマイザーの菜種畑は風で飛ばされてきたGM(遺伝子組み換え)種子によって汚染された。彼は50年間の仕事の成果を失った上に、GM種子を開発したモンサント社に特許権侵害で訴えられた。裁判所は彼に損害賠償金の支払いを命じた。モンサント社は彼と家族の行動を監視し精神的ダメージを与え続けた。彼と妻のルイーズはその圧力に屈せず最高裁に訴えた。米国でも同様にモンサント社に抵抗する農民達がいた。モンサント社の狙いは何か? 巨大企業に立ち向かう農民を支えるものは何か? 最高裁の下した判決は?


【連絡先】
小林大木企画
2009年上映作品
遺伝子組み換え 反グローバル バイオテクノロジー

キング・コーン
 〜世界を作る魔法の一粒〜
2007年/米国/90分
原題:"King Corn"
英語・日本語字幕
監督・製作:アーロン・ウルフ
出演・共同制作:イアン・チーニー、カート・エリス
キング・コーン

すべての
「食」はコーンに続く……アメリカ人の体はコーンでできている。二人の青年が、アメリカ人が口にするほとんどの食品に含まれているというコーンの実態に迫る農業ドキュメンタリー。まず二人はコーンの一大産地アイオワで畑を借りてコーン生産を体験。そしてコーンの行方を追う。モノカルチャー、大規模農業、大規模畜産業、肥満、バイオエタノールなど、アメリカが抱えている問題が、コーンを通してあぶり出されていく。


【連絡先】
株式会社 新日本映画社
 〒150-0036 東京都渋谷区南平台町4-8
        南平台アジアマンション208
 TEL:03-3496-4871
 Mail:info@espace-sarou.co.jp
2009年上映作品 初公開 貸出 頒布
反グローバル 種子 遺伝子組み換え 農民運動

コメこそアジアのいのち
2007年/マレーシア/52分
原題:"Rice; The Life of Asia"
英語・英語字幕・日本語字幕
制作:Pesticide Action Network Asia and the Pacific(PAN)
コメこそアジアのいのち

タイ、
フィリピン、インドネシア、インド、バングラデシュなど、米を主食とするアジアの各地で行なわれている様々な形の米にまつわる「祭礼」の様子を通して、稲作がいかに人々の生活、歴史、文化、環境と深く結びついたものとなっているかを描いている。後半では、その人々の命の糧である米が、WTOのもとで、多国籍企業や、国家の小農民を無視した農業政策によって、人々の稲作、ひいては人々の生活に大きな脅威となっている状況を、「高収穫米」の導入や農地の収奪に対する農民たちの抵抗運動の様子や、農民リーダーの証言などを通して描き出している。


【連絡先】
国際有機農業映画祭
 Mail:info@yuki-eiga.com
 URL:http://yuki-eiga.com/
2009年上映作品 初公開
有機農業 地域 反グローバル 暮らし

コミュニティの力
2006年/米国/53分
原題:" The Power of Community: How Cuba Survived Peak Oil"
英語・日本語字幕
制作:コミュニティ・ソリューション
監督:フェイス・モーガン
コミュニティの力

1990年
のソ連崩壊によって、突然キューバに襲いかかったエネルギー危機。キューバの人たちは、それまでの機械と化学肥料に依存した慣行農業から有機農業へと転換し、危機的な状況を乗り切った。農業、工業、住宅、教育、医療、エネルギーをどう変えたのか、その根底にある発想の転換とは? 奪い合いもなく、一人の餓死者も出さずに乗り切り、人々が見出したもの“コミュニティの力”。やがてどの国も直面する化石燃料の枯渇。キューバの貴重な経験を記録したエネルギー危機克服のドキュメンタリー。


【連絡先】
日本有機農業研究会
〒113-0033 東京都文京区本郷3-17-12
      水島マンション 501
 TEL:03-3818-3078 FAX:03-3818-3417
 Mail:info@syoku-no-mirai.net
 URL:http://syoku-no-mirai.net/
2008年上映作品
反グローバル バイオテクノロジー

バイオ燃料 <畑でつくるエネルギー>
2007年/日本/31分
制作:アジア太平洋資料センター(PARC)
監修:天笠啓祐 構成:鈴木敏明
バイオ燃料

「環境
にやさしい」燃料として生産が急増するバイオ燃料。原料はトウモロコシやサトウキビ、パーム椰子、菜種など畑でつくられる作物がほとんど。高騰する食料価格、原料生産のために拡がるプランテーション。大量の農薬と遺伝子組み換え技術の導入が環境に与える負荷。バイオ燃料需要が暮らしに与える影響を追い、持続可能な循環型社会を実現するために、「バイオ燃料」とどう付き合っていくのかを考える。


【連絡先】
アジア太平洋資料センター(PARC)
 〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
 TEL:03-5209-3455 FAX: 03-5209-3453
 Mail:office@parc-jp.org
 URL:http://www.parc-jp.org/
2008年上映作品 頒布
遺伝子組み換え 反グローバル

遺伝子組み換えNON!
 〜フランスからのメッセージ〜[農民編]
2004年/フランス/28分
フランス語・日本語吹替
監督:シュザンヌ・クルシ

フランス
の有機農業者は、遺伝子組み換え作物と有機農業はあいいれないと訴える。遺伝子組み換え種子を世界中に売りまくる多国籍企業モンサントとたたかうカナダの農民パーシー・シュマイザーさんは「もしも組み換え作物が有機農家の畑に入り込んだらその畑は農家のものではなく、すべてモンサントのものになる」と告発。遺伝子組み換え作物は有機農業だけでなく農民そのものを農業から排除していく実態を伝える。


【連絡先】
日刊ベリタ
 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
 FAX:03-5155-4767
 Mail:rural@berita.jp

国際有機農業映画祭
 Mail:info@yuki-eiga.com
 URL:http://yuki-eiga.com/
2008年上映作品 初公開
バイオダイナミック農法 反グローバル

ヒト・ウシ・地球
 − バイオダイナミック農法の世界 −
2006年/ニュージーランド/58分
英語・日本語字幕
監督:バーバラ/トーマス・バースティン
制作:Cloud South Films
ヒト・ウシ・地球

近代
の工業的農業が地球を壊している。砂漠化、地下水の枯渇、農薬・化学肥料による化学物質汚染が食品、海洋生態系、土壌に水、大気へと広がる。地球の生態系が今悲鳴を上げている。人間の欲望は収まるところを知らず、地球の能力をはるかに超えている。多国籍企業と遺伝子組み換え農業に蹂躙されるインド農民をバイオダイナミック農法で救う一老人の決意と行動、そして変わりゆくインド農民の姿を描く。


【連絡先】
日本有機農業研究会
〒113-0033 東京都文京区本郷3-17-12
      水島マンション 501
 TEL:03-3818-3078 FAX:03-3818-3417
 Mail:info@syoku-no-mirai.net
 URL:http://syoku-no-mirai.net/
2008年上映作品
有機農業 提携 農民運動 反グローバル

この大地に生きている −三里塚東峰地区の人々−
2003年/日本/38分
監督:楠山忠之
撮影・編集:長倉徳生
制作:アジアディスパッチ
この大地に生きている

成田・三里塚
に国際空港を作ると政府が一方的に宣言し、土地収用を始めて42年。空港敷地内とされる東峰集落には住民がくらし、農業を営み、鶏舎、堆肥場、農産加工工場が存在する。その頭上40メートルを毎日100便を超えるジェット旅客機が離発着する。農地を守る農民の闘いはいまも続く。ジェット機の轟音と平和な農の世界。映画は農の営みが作り出す美しい風景を淡々と映し出しながら、そこに生きる人々の思いを伝える。

2008年上映作品 初公開 貸出 頒布
フェアトレード 平和 反グローバル 農民運動

オリーブの木がある限り
2007年/フランス/ 24分
アラビア語・フランス語吹替・日本語字幕
映像・監督:イヴ・デュシュマン
制作:Solarium A.S.B.L
オリーブの木がある限り

イスラエル
の占領下、壁と経済封鎖に生活は苦しさを増している。そんな中でも、パレスチナの農民はオリーブの木に「ここに生きている」という自らの存在を託し、一家総出の収穫作業に汗を流す。農民の営為を追いながら、その農民と協働するNGO「パレスチナ農業復興委員会(PARC)」の活動を紹介する。有機オリーブの搾油工場を作り、国境を越えフランス、日本の市民とフェアトレードでつながる。このオリーブオイルは、日本にも届けられている。


【連絡先】
国際有機農業映画祭
 Mail:info@yuki-eiga.com
 URL:http://yuki-eiga.com/
2007年
遺伝子組み換え 種子 反グローバル

食の未来
2004年/米国/90分
英語・日本語吹替
監督:デボラ・クーンズ・ガルシア
制作:リリーフィルム
日本語版制作:日本有機農業研究会科学部 2006年
食の未来

食料システム
がかつてない変化に曝されており、ほとんどの人はその影響がどれほどのものか気付いていない。農場から食卓まで世界の食に企業支配が着実に進んでいる。最大の争点は、現在最も複雑な科学である遺伝子操作で環境や生物全体に計り知れない影響を及ぼす可能性がある。そして規制のあり方、農業、消費者、健康、道徳の問題を問い直す必要がある。これとは違う道、小規模家族農業や有機農業への関心が強くなってきている。


【連絡先】
日本有機農業研究会
〒113-0033 東京都文京区本郷3-17-12
      水島マンション 501
 TEL:03-3818-3078 FAX:03-3818-3417
 Mail:info@syoku-no-mirai.net
 URL:http://syoku-no-mirai.net/
2007年
種子 反グローバル 農民運動

種子を守れ!
1994年/インド/30分
英語・日本語吹替
監督:ミーラ・デワン
研究顧問:ヴァンダナ・シヴァ
制作:サウス・ビュー・プロダクション
日本語版制作:アジア太平洋資料センター(PARC)

種や苗
に「知的所有権」が認められ、企業の特許料がかかる。インドで何世紀も地域の人びとに利用されてきた薬用植物ニームは、アメリカ人が特許を取って農薬として売り出した。自分たちの種と食料、命を守るため立ち上がったインドの農民女性たちの姿を描く。


【連絡先】
アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
 TEL:03-5209-3455 FAX: 03-5209-3453
 Mail:office@parc-jp.org
 URL:http://www.parc-jp.org/
2007年
有機農業 反グローバル 農薬 農民運動

危険なオレンジ
2005年/タイ/28分
英語・日本語字幕
監督:ティーナー・アムリト・ギル
提供:アース・ビジョン組織委員会
危険なオレンジ

人体
に危険性がある農薬が使用されていたタイ北部の果樹園。農薬を奨励する政府の方針に抗って、農薬散布をやめ、安全な野菜を作ろうと農民たちが立ち上がる。
「EARTH VISION 第15回地球環境映像祭」審査委員特別賞

2007年
有機農業 反グローバル 農薬 農民運動

死の季節よ、さらば
2006年/フィリピン/34分
英語・日本語字幕
監督:ポイェッテ・リンバン
提供:アース・ビジョン組織委員会

大地主制
が今も続き、長いスペイン植民地下でサトウキビ単作農業を押し付けられたフィリピン・ネグロス島がオーガニックアイランドと呼ばれるに至った過程。そこには土地解放を求め、農民になることを願い続けてきたサトウキビ農園労働者の長い戦いがあった。彼らは今、有機バナナのフェアトレードなどの国際的支援のもと、農民としての自立と自然との共生を取り戻す。
「EARTH VISION 第15回地球環境映像祭」入賞

2007年
有機農業 反グローバル

サルー! ハバナ キューバ都市農業リポート
2006年/日本/33分
監督:井坂泰成
制作:office ISACA

200万都市
が有機農業で自給・・・音楽、ダンス、野球だけではない、キューバの新しい顔。それは、都市農業。町のいたるところに畑を作り、野菜や果物を無農薬で栽培。市民の食糧を都市の中でまかなっている。


【連絡先】
office ISACA
 Mail:salud887@isacci.com
 URL:http://www.isacci.com/
2007年
地域 反グローバル

懐かしい未来:ラダックから学ぶこと
1992年/英国/55分
英語・日本語吹替・日本語字幕
監督:ジョン・ペイジ
制作:ISEC(International Society for Ecology and Culture)
日本語版制作:開発と未来工房 2001年

ヒマラヤ
の辺境ラダック(インド)の伝統的な社会に襲いかかった開発の影響を描く。私たちに「近代化」「発展」「進歩」とは何なのか、ということを根底から考えさせる。


【連絡先】
特定非営利活動法人懐かしい未来
 TEL:044-567-5670 FAX:044-567-5670
 Mail:post@afutures.net
 URL:http://www.afutures.net/
2007年
反グローバル

地域から始まる未来:グローバル経済を超えて
1998年/英国/25分
英語・日本語吹替・日本語字幕
監督:レンダー・ワード
制作:ISEC(International Society for Ecology and Culture)
日本語版制作:開発と未来工房 2004年

利己主義
と消費文化に偏重した人間・社会モデルとそれを推し進める経済のグローバル化ではなく、大地とのきずなを強め、地域経済とコミュニティを立て直すローカル化こそが、再生への道であることを示す。


【連絡先】
特定非営利活動法人懐かしい未来
 TEL:044-567-5670 FAX:044-567-5670
 Mail:post@afutures.net
 URL:http://www.afutures.net/